くせ毛の原因は一体何?大事なのは油分と水分のバランス?

 

くせ毛に悩んでるみんな集まれ~。

 

たぶん一番悩んでた奴が立ち上げたブログ。

くせ毛・縮毛にお悩みの皆さん、こんにちは。

高温多湿のこの国において、くせ毛って本当にやっかいですよね。

その気持ち、よぉ~くわかります。

何せこの道ウン十年のプロですから。

サラサラの髪、憧れますよね。

梅雨の時期なんか縮毛矯正必須ですし、無駄にお金がかかって仕方ありませんよね。

お金がないのでヘアアイロンで耐え忍ぶ派もいたり(雨降ったら即死)

逆にパーマをかけて誤魔化す派もいたり。

ちょっと視点を変えてくせ毛を生かしてみる、個性として受け入れてみるのもまた一考だったり。

本当に右往左往しますよね。

そんな悩める同胞達の力になりたくて、管理人モージャは筆を執りました。

「筆を執る」ってオーバーやろ。文豪気取んな。

このブログでは、あらゆるくせ毛対策の末に辿り着いた(たぶん)独自のヘアケア術をご紹介していきますので、よろしければお試し下さい。

さて、今回取り上げるのはくせ毛の原因は一体何なのか?

という我々の悩みの根幹に関わる部分です。

スポンサーリンク

そもそもくせ毛の原因とは?

くせ毛の原因には様々なものがあり、遺伝等の先天的なもののみならず、後天的な要素(生活習慣やホルモンバランスの乱れ等)も含まれます。

巷で良く聞かれるコルテックスの乱れが云々等の化学的な話は、ここでは割愛します。

「化学処理をせずにくせ毛を改善しよう」というのが、このブログの論旨だからです。

とりあえず、くせ毛というものをざっくりシンプルに説明すると、毛髪に保水力が無く「水分」がだだ洩れの状態の髪ということになります。

どれだけ水分を補っても、漏れてしまえば意味がありませんよね。

だだ漏れの水分を毛髪に少しでも留めておく、その為に必要なのが「油分」です。

この油分と水分のバランスをナチュラルな手法で保とうではないかというものが、当ブログの基本的な考え方です。

薬剤や高温のプレートを使用して髪をまっすぐにするという類のものではない為、このブログのヘアケア法にて解決不可能なくせ毛の種類もおそらく存在します。

特に黒人の方のような縮毛ですと、残念ながら気休め程度にしかならない可能性が高いと思われます。

ですが、実践しても損はないと言えるでしょう。

なぜなら、当ブログが推奨するヘアケア法は非常に低コストな上に健康的で環境にも優しいオーガニックなものが主流だからです。

縮毛矯正にNO!

縮毛矯正が誕生してから既に相当な年月が経過しているのでご存知の方も多いかと思われますが、あれは劇薬です。

アメリカの黒色人種向けの縮毛矯正なんて、アルミ缶を溶かす程強力です。

サラサラのストレートヘアに憧れる気持ちは理解出来ますが、そんなにも強力な薬剤を使用し、無理矢理真っすぐに引き延ばした髪は真に美しいものであると言えるでしょうか?

縮毛矯正やアイロンで無理矢理伸ばすのではなく、ナチュラルな方法で髪に油分と水分を補ってくせ毛改善を試みていきましょう。

まとめ

今回はくせ毛の原因や仕組みを簡単に説明しました。

このブログで取り上げるオーガニックケアへの理解を深めて頂くには、従来のヘアケア法及び毛髪に対する考え方を変える必要があります。

エコやら自然やらをやたらと強調すると、まるで私が俗世から離れた仙人のようで不安を抱く方もいるかも知れません。

が、安心して下さい。管理人はごく普通の人間です。

「風変わりな」が抜けてるで。

はいはい。「ちょっと風変わりなごく普通の人間」です。

くせ毛ケアに関してのみ、肉食を徹底排除するビーガンの如くノンケミカルを追求しますが。

その理由はただ一つ。

くせ毛に効果があったから

です。

なので、少しでも興味のある方は是非、当ブログの他ページも閲覧してみて下さい。

以上、最後までお読み頂きありがとうございました。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする