おすすめのヘナとは?重要なのは『天然性』と『安全性』?

こんにちは。モージャです。

カールです。

くせ毛に悩んだ末、すがる思いでヘナを使い始めた管理人ですが、気が付けば使用歴10年を超えるベテランヘナリストです。

ここ最近は白髪染めとして、以前より重宝しています。

さて、そんな便利なヘナも今やあらゆるメーカーから販売されています。

2社か3社でしか販売されていなかったかつての事を思うと、初心者の方は選択肢が増え過ぎたが故に迷いが生じますよね?

というわけで今回は、我々ユーザーが選ぶべきヘナについてお伝えしたいと思います。

どんなヘナが良くて、どんなヘナがダメか

くせ毛の髪質改善を目的とされている方はもちろん、白髪染め目的の方でもヘナを利用するに当たって絶対に外して欲しくない条件が1つあります。

それは

天然100%のヘナを使用する

という事です。

「天然100%のヘナでなければ効果がない」とは言い切れませんが、自分自身が天然100%のヘナ以外を使用した経験がない為、天然でないヘナをおすすめする事は出来ません。

ジアミン入りのヘナやら着色料入りの粗悪なヘナは完全アウト。

ヘナは収穫年度や産地でも使用感が若干異なるから、品質に問題がないメーカーの商品を目的別・用途別に選んだ方がええで。

また、既にヘナペーストになっているヘナもおすすめ出来かねます。

初めからペーストになっているパターンのヘナは100%植物性でない事が多い。

ヘナは通常ペースト作って長時間経過すると染色力が落ちて来るからな。溶いた状態のペーストが箱詰めされて売られてるのは普通ちゃうわ。

当ブログ管理人の愛用ヘナ

かの子のハーバルヘナ

あらゆるヘナを試し、使用する中で感じた事があります。

それは

大体どんなヘナを使用しても天然100%であれば仕上がりに大差はない

という身もふたもないものです。

収穫年度で使用感に差はあるけどほんの僅か。「新しい=鮮度が良くて仕上がり良好」というわけでもない。

天然物やからな。甘い苺と酸っぱい苺が混在してるのに似てるわ。

そして、仕上がりに大差がないのであれば、断然使いたいのは

安全なヘナ

だという結論に至りました。

安全第一。

ヘナは主にインドで製造されていますが、インドの衛生状況の悪さは良く見聞きしますよね。

加えて、ヘナの名産地ラジャスタン州では過去に核実験が行われていたという事実もあります。

そんなん聞いたらヘナ自体使って大丈夫かいな?ってなるわ。

だからピアエンタープライズ社のヘナを愛用してる。

henna_pia

管理人が愛用しているピアエンタープライズ社のヘナは、「インドの現地業者から買い付けされている」ものではなく、「インドの自社現地社員」によって製造されています。

つまり、日本人にとっての安全性の基準を満たしているとはっきり明記されているヘナなんです。

ピアエンタープライズ社のヘナは日本の検査機関(日本食品分析センター)のお墨付きです。

日本の検査機関が「安全」と謳っているものであれば、さすがに信頼出来ますよね。

ヘナを利用するのであれば、大体の方が天然のトリートメント効果を求めていると思いますが、

安全かどうかわからない物

が髪と頭皮に優しくて良い理由がありませんよね。

リンク先のページに使用風景も掲載しているので、興味のある方は是非管理人愛用のヘナの情報をチェックしてみて下さい。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする