大和撫子の美髪の奥儀!椿油でヘアケア!

こんにちは!くせ毛のプロ、モージャです!

突然ですが皆さん、美容に良いとされている「世界三大オイル」ってご存知ですか?

内訳はホホバオイルオリーブオイル、カメリアオイルの3つです。

「ホホバオイル、オリーブオイルは聞いた事あるけど、カメリアオイルって何?」と思いませんでしたか?

私は思いました。

そのカメリアオイルって実は椿油の事なんです!

本日は「世界三大オイル」の一角にして、日本が世界に誇る「本邦最強のヘアオイル」を使用したヘアケア方法をご紹介します!

スポンサーリンク

椿油でヘアケア

学名「カメリア ジャポニカ」という名の通り、椿から採取出来る油は古来より日本で親しまれてきました。

江戸時代の女性のあの独特の髪型は椿油で結われたものなんです!

成分の特徴としてはオレイン酸含有率はオリーブオイル以上で、世界で最もオレイン酸を多く含む油です。

つまり人間の皮脂と最も近い油であると言えます!

使用方法

以前ブログにてご紹介したオイルパックの他、洗い流さないトリートメントとして、寝ぐせ直しとしても使えます。

また、オリーブオイルの項でもお伝えしましたが、椿油もオイルパック以外での使用量はごく少量ずつでご使用下さい。

他には、洗面器に張ったぬるま湯に椿油を数滴垂らし、それを少しずつ髪と頭皮にかけていく「落とし油」という使用方法もございます。

さらに、古来より日本で行われていた伝統的なヘアケア方法として、つげの櫛に椿油を塗り込み、それで髪の毛を梳かすという方法も。

伝統的な製法で作られたつげの櫛は値が張る為、手軽に試せるものではありませんが、長く使えるので1つ持っておくと重宝します。

静電気が起きないので、他のヘアブラシで髪を梳かすよりくせ毛対策になります。

日常のブラッシングでさえ、くせ毛には大きなダメージになり得ますから・・・。

まとめ

「世界三大オイル」にして「本邦最強のヘアオイル」の効果は伊達ではありません。昔の日本人にくせ毛が少なかった事も、椿油の使用と関係があるのか?とさえ思う程です。

縮毛矯正のように人工的な完璧ストレートは難しいですが、椿油の使用で自然なストレートヘアに近づく事は可能です。

こちらもオリーブオイルと同様、稀に肌に合わないという方もおられますので、湿疹等が出た際は使用を中止するか、使用量を少なくされる事をおすすめします。

そして、くせ毛について何か質問や困った事があった際は、くせ毛のプロであるこのモージャにお問い合せ下さい!

※酸化したオイル(時間が経過した油の嫌なニオイがする)は使用しないで下さい

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする